ふじみ野市でインプラントなどの最先端の歯科治療を提供しているマルス歯科クリニック

Tel:049-265-8276

矯正歯科

子どもの矯正歯科

矯正歯科子供の矯正歯科治療は、成長が活発なあごの骨のバランスを整え、大きさを調整する初期治療(骨格矯正)と、歯の位置を調整する本格治療(歯列矯正)の2段階に分けて治療するの一般的です。

初期治療は、6~12歳ごろまでの乳歯と永久歯が混在している時期の治療で、本格治療は乳歯が抜けた終わった10歳ごろ~成人までの治療です。

初期治療は、子供だからこそ可能な矯正治療で、美しい歯並び、正しく噛み合わせるために早い段階から矯正治療を受けることが大切です。
もし、乳歯が虫歯になってしまうと、歯の正しい成長を妨げる原因となってしまいます。正しい歯みがきを身につけることで、虫歯を予防し、きれいな歯並びにも近づけます。
また、出っ歯や受け口といった、あごのバランスが悪い場合、早く矯正治療を始めることが、将来的に悪化を防ぐことにつながります。

大人の矯正歯科

小さい頃からのコンプレックスで、大人になってからの矯正治療は、なかなか治療に踏み込めない方がいます。
最近ではスポーツ選手や芸能人の方がその価値を感じ、矯正治療を行う方が多くなりました。

現在では、各患者さんの生活スタイルに合わせ、目立たないクリアタイプのものや、歯の裏側に矯正装置をつけるタイプなど、その治療方法は多様です。

歯は、ごく小さい力を継続的にかけ続けることにより歯は動きます。弱い力を毎日かけ続けて1ヶ月で約1ミリ程度、歯を動かしていきます。そのため治療には多くの時間を要しますが、これ以外にきちんとした、噛み合わせを自身の歯で得る方法はありません。
長い時間をかけて、美しい歯並びとしっかりと噛める歯を手に入れて、自信にあふれた人生を手に入れてください。

しかし、自分の意志で、美しい口元を目標に歯列矯正治療に望む、大人の歯列矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。

様々な歯並びの不具合

叢生・乱ぐい歯・八重歯

叢生,乱ぐい歯,八重歯叢生(そうせい)とは、顎に歯が並びきることができず、歯が歯列から飛び出してしまったり、重なり合っている状態のことです。八重歯などもその症状の一つです。
歯ブラシが届きにくいため、歯周病や虫歯などの原因になることも多いので早期に改善する必要があります。
治療法としては、歯列を広げたり、必要であれば抜歯をして歯が並ぶことが出来るだけのスペースを確保した上で矯正を行います。

上顎前突(出っ歯)

上顎前突,出っ歯上顎前突とは、上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことで、出っ歯とも言われます。唇が閉じにくいため歯肉が乾燥するので、歯周病の原因になることがあります。
治療法としては、一般的に上顎の奥歯を抜いて前歯を後ろに移動するスペースを確保します。

下顎前突(受け口)

矯正歯科下顎前突とは、下顎が上顎よりも前方に出ている状態のことで、受け口とも言われます。前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となります。
治療法としては、下顎の奥歯を抜歯したり、矯正で歯の角度を戻したりします。

開咬(オープンバイト)

開咬前歯が噛み合わない状態のことを開咬(かいこう)といいます。奥歯は噛んでいても、前歯付近は噛みあわず隙間が空いている状態です。
前歯で食べ物を噛み切ることができなかったり、奥歯に過剰な負担がかかったり、話すときにも息がもれて正しく発音しにくいことがあります。
開咬を治療するためには一般的に矯正を行いますが、抜歯をしなければならない場合もあります。

矯正医 小山照代

略歴

神奈川歯科大学 卒業

ご自身やお子様の歯並びが気になっていませんか?

小児矯正から成人矯正まで、少しでも気軽に楽しんで矯正治療を進めていけるよう努めています。 矯正治療は長期にわたる治療になります。患者さまと二人三脚で、心身ともに豊かな生活が出来るようお手伝いさせていただければと思います。

無料相談も行っておりますので、お気軽にご来院下さい。

0492658276
0492658276