ふじみ野市でインプラントなどの最先端の歯科治療を提供しているマルス歯科クリニック

Tel:049-265-8276

精密治療・顕微鏡歯科

精密治療・顕微鏡歯科とは

精密治療・顕微鏡歯科とは近年の歯科治療では精密さを求められるようになってきています。

マイクロスコープ(手術用顕微鏡)、ルーペ(拡大鏡)を使った治療は虫歯治療、根管治療、歯周病治療、口腔外科、口腔内診査等、いろいろな分野に応用することができます。

精密歯科治療をする場合、肉眼では見えない細かな部分まで拡大された視野で治療を行う事が出来ますので、通常の治療と比較して様々なメリットがあります。

精密治療・顕微鏡歯科とは

歯科治療の大半が“再治療”という事実

精密治療・顕微鏡歯科とは細菌はミクロです。虫歯や歯周病は細菌が感染することにより発症します。

狭くて暗い口腔内において、肉眼での治療にはどうしても限界があります。僅かな隙間や取り残しが徐々に歯や歯茎に大きなダメージを与えていきます。
再治療を繰り返す度に歯は削られ状況は悪化していきます。

最初、もしくはどこかのタイミングで顕微鏡治療を行い、確実な処置を行うことは将来的に医療費の大幅なコストダウンに繋がります。また被せ物、詰め物、歯の寿命は延びていきます。

当院では通常の歯科治療においても、拡大鏡を使用して治療に臨んでいますので、どんな些細な治療でも精密な治療をすることが可能です。

精密治療・顕微鏡歯科のメリット

・4~24倍まで拡大して見ることができる。
・精度の良い治療ができ、歯の寿命が延びる。
・治療中の状況を映像で見ることができる。
・抜歯しなければいけないと言われた歯が残せる可能性がある。
・非常に綺麗な治療が出来る。

精密治療・顕微鏡歯科のデメリット

・限られた歯科医院でしか行われていない。
・歯科医師に特殊な技術が求められる。
・治療時間が長くなりやすい。
・治療回数がかかる。
・保険診療では赤字になるため自費診療になることもある。

0492658276
0492658276